冷えとり生活スタート

冷えとりとは

冷えとりは、今から約30年以上前に、愛知県小牧市に住む進藤義晴医師が考案された健康法です。

上半身を涼しく、下半身を温める頭寒足熱の状態を半身浴や靴下の重ね履きで作っていきます。
この頭寒足熱は、気と血の巡りが良くなります。

血の巡りが良くなると、体の老廃物が外に出てきます。その時に、頭痛、吐き気、湿疹、生理痛など様々な現象が起こります。これをめんげん(好転反応)とか、毒だし(デトックス)と呼びます。

温ちゃんの冷えとりハンドブックより

冷えとりをはじめたきっかけ

私がうつ・パニックになり、気になってたまたま訪れた治療院が気功治療院でした。
そこで、自宅でも冷えとりをするように勧められました。

「冷えとりをするとしないじゃ、改善のスピードが大きく違うよ。」

それを聞いた私は、冷えとりにとても興味を持ちました。早速、本を買って読んでみました。

冷えとり靴下が履けない

早速、冷えとり靴下を購入してみたものの、暑くて履いていられない。靴下を履いて寝ても、朝には脱いでしまっている。半身浴も5分と入れない、そんな状況が続いていました。

そんな私に、気功治療院の先生から、ある提案がありました。
1週間だけ、半身浴を90分やってみよう。半身浴45分、足湯45分でもいいよ。と言わたのです。

90分か・・・長いな。

5分も入れない私が、90分入れるだろうか。でも、一週間だけなら、頑張れるかもしれない。
そう思い、頑張ってやってみることにしました。

最初の日は、10分がとても長く感じました。水筒をお風呂にもっていき、スマホをジップロックに入れ、水分補給をしながら、なんとか時間を過ごします。

そうやって、やっと一週間が終わった時、やったー!もうこれで長く半身浴しなくていいぞ!!
・・・と思ったのではなく、その逆。なんと、私の本当の冷えが出てきたのです。

本格的な冷えとりを開始する

まだ、その頃は、秋口で室内の温度が28度くらいありました。でも私は、寒くて寒くていられない。
足とお尻が氷のようにキンキンに冷えるのです。カーペットを出して底冷えを防ぎ、昼間は足湯をしてすごし、夜は半身浴を90分~120分を続けていました。まるで真冬のよう・・。

しかし、これをきっかけに、本格的な冷えとりを開始します。
靴下は2枚履きだったのが、一気に6枚履きになり、シルクのレギンス、下着、腹巻と次々に購入していきました。

まず、私が購入したのは、評判の良かったこちらの五本指靴下。

裏側が絹、表面が綿でできている二層構造。とってもふかふかで温かいのです。
冷えとりをすると、締め付けの心配をされる方がいますが、締め付け感はありません。

靴下を履いている動画もあるので、ふかふか感はわかりやすいと思います。

そして、次に下着。冷えとり靴下を買ってから数ヶ月後に買うようになりました。

締め付けがなく、肌触りがとても良い下着。とても温かいので、冬だけでなく、冷房が効きすぎている夏場でもおすすめです。

通常のショーツは、薄手のものが多い中、このショーツは履くだけで温かくとても気持ちの良い商品です。良く伸びるので、妊婦さんにもおすすめです。

絹100%なので、一年中さらっと履けるレギンスです。リブ編みなので伸縮性もあり、妊婦さんにもおすすめです。

絹100%なので、一年中さらっと着れるのキャミソールです。一般に売られている絹の生地と比べると、しっかりとしたそれでいて優しい風合いです。

私は日頃、手足が温かい状態だったので冷えていないと思っていましたが、冷えがこうして出てきた時、こんなに冷えていたんだ驚きました。私は、冷えのぼせという状態だったのです。

冷えのぼせ

うつ・パニックの人で、手足がいつも温かいと言われる方は結構おられます。それは温かいのではなく、火照っているのかもしれません。これは内臓が冷えている人に多く、実は、かなり冷えが深いのです。

温ちゃんの冷えとりハンドブックより

半身浴が5分と入れない。5本指靴下が、イライラして履けない。
実は、そんな人こそ、冷えています。自分のからだを犠牲にして、ある意味無視して、ずっと頑張ってきた人。だから、自分の冷え具合を自覚できません。自分のからだをもっと優先してみてください。自分のからだをもっと大事にしてみてください。

冷えは、心の問題と大きく直結します。ぜひ、冷えとりを通して自分の心と向き合ってみてください。

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました